水質浄化剤バイオコロニー

トップページ の下の バイオ商品 の下の 水質浄化剤バイオコロニー

バイオコロニーについて

バイオコロニーは海水、淡水併用21世紀のバイオテクノロジーを先取りした画期的製品です。

バイオコロニーは、遺伝子工学の先端技術によって産み出された微生物を使用した、水質・ヘドロ浄化剤です。

数種類の強力な変異菌の群居体で、休眠状態のバクテリア菌製剤です。変異菌とは世界で最良と評されるバクテリア菌を基に、競合培養で特にタフで優秀な親菌にUVライト、亜酸化窒素、8−アザグァニン突然変異誘起剤などで突然変異を起こさせたものです。それらは親菌の持っている性質はもとより、親菌のもつ個性を変異技術によって強化増大させたものです。

バイオコロニーが開発されるまでは、ダムや湖沼、港湾、干潟では微生物が流されるために利用できませんでした。

しかし、バイオコロニーは特殊岩石(砂状のゼオライト)に微生物を培地したため、微生物が流されず、湖底や海底の汚水や汚泥、ヘドロ、悪臭を浄化する画期的な浄化剤です。

水質浄化の一例

バイオコロニー使用実績

アオコ除去

バイオコロニー散布前 バイオコロニー散布後写真 バイオコロニー散布後

左側がバイオコロニー散布前、右がバイオコロニー散布後。

公園池の水質浄化

バイオコロニー散布前 バイオコロニー散布後写真 バイオコロニー散布後
バイオコロニー散布前 バイオコロニー散布後写真 バイオコロニー散布後

左側がバイオコロニー散布前、右がバイオコロニー散布後。
バイオコロニー散布前には、茶色に濁った水が溜まる池が、散布後には水が澄み、池底が見えるまでに水質が浄化している。

養殖場の水質改善

バイオコロニー散布前 バイオコロニー散布後写真 バイオコロニー散布後
バイオコロニー散布前 バイオコロニー散布後写真 バイオコロニー散布後

左側がバイオコロニー散布前、右がバイオコロニー散布後。
バイオコロニー散布前には海底の貝類がヘドロの下に埋もれてしまっているが、散布後約3ヶ月で海水が澄み、ヘドロがバイオコロニーによって分解除去されて貝類が現われている。

汚水浄化処理

バイオコロニー散布前 バイオコロニー散布後写真 バイオコロニー散布後

左側がバイオコロニー散布前、右がバイオコロニー散布後。
バイオコロニー散布前には、茶褐色に濁り、硫化水素ガスが発生していた水質が、バイオコロニー散布後約45日で写真右のように浄化されている。

バイオコロニー使用実績

バイオコロニーの特徴

  1. 散布するだけと作業が簡単です。また、散布後の維持費は全くかかりません。
  2. 景観を損なわずに浄化が出来ます。
  3. 淡水、海水いずれの条件下でも使用できます。
  4. 水深は100mでも浄化できます。
  5. 経済的で広範囲の浄化が可能です。

バイオコロニーの使用目的

  1. 湖沼、干潟などのヘドロ・水質浄化
  2. 養殖場、釣り堀などの底質浄化
  3. 港湾・ダムなどのヘドロ・水質浄化
  4. 工業・農業用水などの水質浄化
  5. テーマパーク、水族館、水槽などの水質浄化
  6. 汚水処理場や下水管のヘドロ浄化
  7. 畜舎の糞尿、発酵堆肥などの消臭

バイオコロニーの特性

温度範囲 7℃〜48℃
PH範囲 4.5〜9.9
酸素要求量 DOは5r/リットル最適。
嫌気性条件下では酸素源としてNO2、NO3を利用することができる。
性  質 通性嫌気性(必要に応じて好気、嫌気の両方に移動作用)
生  殖 細胞分裂
使用効果 複合連鎖的異種類時差分解。自然菌迎合巻込相乗効果。

バイオコロニー袋 バイオコロニー内容物

日本エルダルトは静岡県総代理店です

これらバイオ商品に関して、日本エルダルトは静岡県の総代理店となっております。

静岡県以外の方でバイオ商品をご検討のお客様は、コチラをご覧下さい。

全国の代理店はコチラ >> http://www.bio-kaken.com/top/dairiten.htm