バイオ消臭剤・水質浄化剤バイオリキッド

トップページ の下の バイオ商品 の下の バイオ消臭剤・水質浄化剤バイオリキッド

バイオリキッドの水質浄化と消臭効果

バイオリキッドは、芽胞を有する桿菌で100℃の温度でも生息でき、農薬に強く分解能力に優れた有用微生物です。

この微生物は蛋白質の分解酵素(プロテアーゼ)、中性脂肪を脂肪酸と加水分解する(リパーゼ)多糖類の加水分解酵素(アミラーゼ)、繊維質の分解酵素(セルラーゼ)などで分解する人畜無害の有用微生物です。

バイオリキッドは、汚水・汚泥・悪臭を分解する有用無害の土壌微生物(バチルス系)を培養液化したもので、従来の化学薬品による一時的な消臭と異なり、微生物の働きで悪臭の元を確実に分解消臭します。微生物が次々に増殖しますので効果が長時間持続し、うじ虫やその他の害虫の発生を防ぎます。

水質悪化の原因は、アンモニア、亜硝酸、硝酸、硫化水素、燐などが蓄積し富栄養化になって水質が汚染します。

バイオリキッドは、バイオ商品に使用されている微生物の原液製品です。透明な液体のためバイオコロニーやバイオテックでは難しい水の浄化に最適です。定期的に散布するだけで水質浄化はもちろん、消臭効果も発揮します。

バイオリキッドの特徴

1.この菌体(バチルス系菌群)は有機物分解能力が極めて優れており、その混合菌体と対外酸素を適当に混合しながら培養・液化・濃縮したものです。従って、その有用代謝物も含んでいます。

2.従来の化学薬品による一時的な消臭と異なり、微生物の働きで悪臭の元を分解、消滅させるので、し尿や廃液などの悪臭発生地へ散布することにより、微生物が有機物や各種腐敗菌及び悪臭物質を栄養分として消化・分解・殺菌・浄化を行います。尚、微生物が次々に増殖するため、効果は長時間持続します。

バイオリキッドの生態系安全性の検証

バイオリキッドの使用目的と効果

  1. 畜産業の糞尿悪臭浄化
  2. 養鶏場の鶏糞は約10日間で消臭、牛舎の生堆肥は約2週間で消臭します。
  3. 生堆肥は、発酵完熟堆肥まで約4ヶ月〜5ヶ月(プラントを使わずに自然な状態で)
  4. 湖沼、池、ダムなどの汚水、汚泥、悪臭、アオコ、などの環境浄化にも利用できます。

バイオリキッドの生態系安全性の検証

バイオリキッド容器

日本エルダルトは静岡県総代理店です

これらバイオ商品に関して、日本エルダルトは静岡県の総代理店となっております。

静岡県以外の方でバイオ商品をご検討のお客様は、コチラをご覧下さい。

全国の代理店はコチラ >> http://www.bio-kaken.com/top/dairiten.htm