バイオリキッドの生態系安全性の検証

トップページ の下の バイオ商品 の下の バイオリキッド の下の バイオリキッドの生態系安全性の検証

鶏雛による生態系安全性の検証

検証方法

バイオリキッドを鶏雛に給餌し、鶏雛の成長に及ぼす影響を通してその安全性を検討した。

試験実施機関

財団法人 畜産生物化学安全研究所

供試動物

アーバーエーカー・ニューふじ  初生鮮 90羽

供試給餌

  1. 標準餌料 1,2,3
  2. 試験物質添加餌料A(標準餌料に試験物質9%添加)
  3. 試験物質添加餌料B(標準餌料に試験物質18%添加)

試験方法

標準餌料区3群、試験物質添加餌料区2群に分け各餌料を連続して6日間不断拾餌し6日間を1サイクルとして3サイクル計15サイクルで試験を実施した。

尚、各餌料群は毎回ランダムに選定し試験を行った。

試験結果

鶏雛生体への異常所見は認められず、発育阻害も認められなかった。

マウスによる経口毒性試験

試験実施機関

大塚薬品工業株式会社研究所

供試動物

dd系マウス  オス5頭、メス5頭、 計10頭

試験方法

バイオリキッドをマウスに各2000r/sを経口投与し、2週間観察した後部検し毒性を判断した。

試験結果

マウスに対する「バイオリキッド」の毒性は、2週間の観察期間中に生体に対して異常は認められなかった。この結果、マウスに対する急性毒性は2000r/s以上である。

日本エルダルトは静岡県総代理店です

これらバイオ商品に関して、日本エルダルトは静岡県の総代理店となっております。

静岡県以外の方でバイオ商品をご検討のお客様は、コチラをご覧下さい。

全国の代理店はコチラ >> http://www.bio-kaken.com/top/dairiten.htm